ジュニパー精油の特徴は?


ジュニパー精油の特徴は?

ジュニパーという名の植物と言われても、想像できない方がほとんど
だと思いますので、書いてみました。


お酒の「ジン」と言えば、ご存じの方も多いでしょう。
「ジン」の特有のあの香りは、じつはこの「ジュニパー」の香りなのです。


ジュニパーは、ヒノキ科の針葉樹で、直径5〜8mm程度の黒くて小さな
実をつけます。


この実は、ジュニパーベリーといわれ、精油(エッセンシャルオイル)は
ジュニパーベリーを蒸留して抽出するのです。


精油は発汗を促し、尿を排泄するなどの作用があり、体内の毒素を身体の
外に出すという性質をもっていると言われています。


また、この香りは頭脳明晰作用があり、精神の目覚め、意欲を促し
集中力を高めてくれます。


排泄を促すことにより、新陳代謝を促し、身体の機能を活発に高め
身体を浄化しあたためて整えます。


むくみをとり、授乳中で排尿が滞っている人の母乳過多の
バランスをとります。


また筋肉痛や関節痛、月経痛などを緩和します。肌へは収れん作用を
通じて、脂性肌、侵出性の湿疹、ニキビを緩和してくれます。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。