カモミールジャーマン精油の効能は?


カモミールジャーマン精油の効能は?

カモミールジャーマン精油は、20〜50pの高さの1年草です。
ハーブティーとしては、こちらの方がカモミール・ローマンより
なじみがあると思います。


蒸留すると濃いブルーの精油になります。


効能としては、カマズレンの抗炎症作用、抗アレルギー作用が特徴で
皮膚の炎症や子供の不調の改善に効能があり、よく使われます。


カモミール・ジャーマンは、芳香成分のカマズレンにより、
濃い青い色をしているエッセンシャルオイル(精油)です。
ハーブティーやポプリとしても人気があります。


カモミール・ローマンに比べると、さっぱりした軽い芳香が特徴です。
日本ではカミツレと呼ばれ親しまれています。


気分をリラックスさせる効能があり、安眠を誘う効果が特に知られています。
また、更年期障害をやわらげる効能もあるため、女性にとっても
たのもしいエッセンシャルオイルです。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。