ローズマリーアロマオイル(精油) 効能は?


ローズマリーアロマオイル(精油) 効能は?

ローズマリーアロマオイル(精油)は、地中海沿岸の国々が
原産地だそうです。


何千年も前から主に神経衰弱、抑うつ、頭痛に効能があるとされ
使われてきました。


ローズマリー はツンとくる香に好き嫌いが分かれますが、
ラベンダーの精油と共に、
使い勝手がある 精油 の一つです。


ローズマリーアロマオイル(精油)はほぼ無色か、薄い黄色の液体で
強く、新鮮で、カンファーや草木の香りがします。


アロマでは、ラベンダーやジュニパーとブレンドして、
リンパ系解毒のためのマッサージオイルに利用したりします。
肩こり、筋肉痛をやわらげる効能があるのでマッサージオイルにもいいです。
また月経痛をやわらげる効能もあります。


ローズマリーの精油は、芳香浴、アロマバス、マッサージ、
スキンケア、ガーデニング、ペットマッサージなど、
多種多様に使うことができます。


むくみが気になるときのマッサージオイル や、
石けんシャンプー後につかうビネガーリンス にオススメの精油です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。