アロマペパーミントの効能を考えてみましょう。


アロマペパーミントの効能を考えてみましょう。

アロマ用のペパーミントは多年生の植物で、他のミントとの混合種として
栽培されています。


アロマペパーミントの効能はどうなのでしょうか?


何千年も前から薬草として、とくにその浸出液を消化器系の
不調に効能があると信じられ処方していました。


アロマペパーミントはフレッシュで強く、甘い澄みとおる香りをベースに
したミントの香りで、薄い黄色か薄い緑色の液体です。


ペパーミントのアロマオイルが心に与える効果と効能は、
なんといってもリフレッシュできること。


乗り物酔いしてしまったり、花粉症や風邪で鼻がつまる時の
イライラ感を改善してくれます。


朝の寝起きで気持ちがシャキッとしないときには、
ペパーミントを用いたアロマテラピーがおすすめです。
また怒りの感情を鎮めたり、ヒステリーを起こしたときにも効果的です。


また乗り物酔いがひどい人の場合には、気分が悪くなったらペパーミントのアロマオイルを
ハンカチにたらしてかぐことで、気分をリフレッシュする効能があります。


ペパーミントのアロマが体に与える効果と効能は、消化器系のトラブルを改善することです。
胃腸の不調からくる消化不良や胸焼け、便秘や下痢の改善にも役立ちます。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。