イランイランの効能と使い方


イランイランの効能と使い方

イランイランノキは平均12メートル(人の背丈から10メートル以上まで)の樹高に達する。直射日光あるいは部分光によって生育し、原産地である熱帯多雨林の酸性土を好みます。


葉は長くなめらかで光沢がある。花(すなわちイランイラン)は黄緑色あるいは淡紅色で、ヒトデのように巻き上がり縮れた形状。


非常に香り高い精油を得ることができる。(その精油は日本では比較的高価である) この樹木の花からの香りは遠くからでも風に乗って感じることができるそうですよ。


イランイランという語はタガログ語由来 (ilang-ilang) であるが香気を意味する語ではなく、「花の中の花」という意味だそうです。


イランイラン精油はアロマセラピーで用いられ、高血圧を和らげ、心拍数を整える働きがあるといわれています。


また皮脂の分泌を整える作用や収れん作用も持つとされている。頭皮、毛髪のケアにも用いられます。


また精神的には緊張によりる過呼吸や早い心拍数を下げる働き、日常のストレスやイライラを沈める作用があるといわれている。
官能的な高揚感、安心感、受容性を与えるといわれ性欲促進作用も持つともされる。


香水でも、特にオリエンタルノートあるいはフローラルノートのものにイランイランを用いることが多いが、
ほとんどのフローラル系、フルーツ系、ウッディ系の香りと調和するため、さまざまにブレンドされて使われています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。