エッセンシャルオイルとは何でしょうか?


エッセンシャルオイルとは何でしょうか?

エッセンシャルオイルは、精油、アロマオイルとも呼ばれ、アロマテラピーを実践するためには
なくてはならない物質です。


日本アロマ環境協会の「エッセンシャルオイル」の定義は以下の通りになっています。


精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子
樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の
芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち
アロマテラピーの基本となるものです。


しかし、エッセンシャルオイルが、すべての植物にふんだんに含んでいるわけでは
ありません。


何の用途や機能のために、またどこで作られているのかといったことは、
まだ十分に解明されていません。


エッセンシャルオイル(精油)と聞くと「え、油系の物質なの?」と誰もがはじめは
錯覚すると思います。


しかし、精油といっても、油脂ではありません。


いちばん多い誤解は、精油が植物油と同じようなものと
考える事です。


例えば、「オリーブ油」「アーモンド油」「サフラワー油」などは
植物から得られた、油脂といわれる物質で、比較的安定して毒性も少なく
人体にもやさしいものです。


しかし、精油は全く別の物質からできています。


(エッセンシャルオイル)精油の正体は、有機化合物です。


天然の化学物質が数十から数百種集まってできたものなのです。


そして、これらの有機化合物は、その構造や働きにより、いくつかの
グループに分類されています。たとえば「アルコール」「アルデヒド」
「ケトン」「エステル」「フェノール」炭化水素などです。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。