精油のブラックペッパー効能は?


精油のブラックペッパー効能は?

ブラックペッパー精油というよりも、スパイスとしての
ブラックペッパーの方が知っている人は多いですよね。


ペッパーは、ブドウの木のようなインド原産の灌木です。
大昔から知られる大切なスパイスで、実をまるごと乾燥させたものです。


中国やインドでは、4000年にわたり薬草や料理用スパイスとして
利用され、アジアから西洋へのスパイス貿易の主要な商品と
なっていました。


またブラックペッパーの効能により、中国ではマラリアや消化器系疾患
の治療薬として扱われていました。


ブラックペッパーの効能は、消化器系に刺激を与え、便秘、消化不良
誇張、胃袋、消火機能の低下などの症状を緩和します。


ベースオイルにカルダモンやフェンネルと組み合わせて
腹部をマッサージすると効果が期待できます。


またその他の効能では、加温作用があるため、呼吸器系の症状
特に寒気がして白っぽい痰がたくさん出るなどの症状に
効果があるといわれています。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。